屋根塗装

■ サビや色あせが目立ってきたら、屋根の塗り替えを

私達に見えないところで、日々ダメージにさらされているのがお住まいの屋根。
外壁と違って、雨や日差しを直接受ける分、塗装の効果が切れてしまえば、劣化はあっという間に進みます。

だからこそ一度、地上やベランダから確認できる場所は意識して見てみましょう。
雨漏り、屋根瓦の割れ、屋根にコケ・カビなどの汚れ、色のバラつきや色あせ、金属部分の腐食……そんな症状はありませんか?
そういった症状があれば屋根塗装のタイミングですのでご相談ください。

屋根は定期的に塗り替えを行なうことで、傷みの進行を抑え、被害が小さいうちに食い止めることが可能。
人の目に見えない部分から丁寧に、大切な屋根を守ります。

■ 屋根塗装の劣化を放置しているとどうなる?

屋根塗装の劣化を放置していると、外壁同様、建物内部に雨水が侵入するようになります。
建物内部に雨水が浸入すると外壁内部の劣化が進行。建物自体が腐食すると、コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失ってしまいます。

雨漏りが進行して湿度が高くなると、シロアリ発生の原因となることも。そうなると、最悪の場合建て替えなどの大規模な工事でしか対処できなくなってしまいます。

屋根は外壁とは違って真上から直接雨の影響を受けるため、その被害が拡大するスピードも早いです。長く住むためにも適切なタイミングで塗り替え工事を行ないましょう。

【代表直通】 080-1508-3525
【FAX】 0749-53-3016
【営業時間】 9:00~18:00
【定休日】 不定休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 長浜市中心に湖北エリアから滋賀県全域

一覧ページに戻る